ホーム> 静かな状態から活動を始めた浅間山のスケッチ(6)

静かな状態から活動を始めた浅間山のスケッチ(6)一覧に戻る

表題名称静かな状態から活動を始めた浅間山のスケッチ(6)
説明しかし10月3日からはいよいよ火山灰を降らせる程に活発になって来た。そして10日には血ケ滝一帯に降灰があり、11日には微噴火が16回も観測された。そして今日も乳白色の噴煙を終日出している。
原資料サイズ  
撮影年月日1958/10/12
キーワード噴火,浅間山,1958年,昭和33年
著作権気象庁(浅間山火山防災連絡事務所) 提供