ホーム> 静かな状態から活動を始めた浅間山のスケッチ(22)

静かな状態から活動を始めた浅間山のスケッチ(22)一覧に戻る

表題名称静かな状態から活動を始めた浅間山のスケッチ(22)
説明相つぐ爆発で頂上付近は熱い火山弾が堆積し、雪が降っても直ぐとけてしまう。逆雪線の姿は他の山では余り見ることの出来ない風景である。
原資料サイズ  
撮影年月日1958/12/22
キーワード噴火,浅間山,1958年,昭和33年
著作権気象庁(浅間山火山防災連絡事務所) 提供