ホーム> 静かな状態から活動を始めた浅間山のスケッチ(1)

静かな状態から活動を始めた浅間山のスケッチ(1)一覧に戻る

表題名称静かな状態から活動を始めた浅間山のスケッチ(1)
説明"浅間山は昭和30年6月11日に爆発をして以来、満3年近くなったが、まだ一度も噴火をしていない、そして今日も静かな姿を見せている。
しかし、ここ2年間調査を続けて来た結果今年は夏から秋にかけて活動を始める公算が多いという結果が出て来た。果してどうなるかはいまのところわからないが準備態勢をととのえることにした。
そこで今日は地元の報道記者と懇談会を開いて浅間山についての意見の交換を行った。この写真はそれが終って当所の風力塔から眺めた初夏の浅間山の風景である。"
原資料サイズ  
撮影年月日1958/5/28
キーワード噴火,浅間山,1958年,昭和33年
著作権気象庁(浅間山火山防災連絡事務所) 提供